それぞれの時間と生き方を

医療的ケアの必要な子どもとその家族を支える地域連携ハブ拠点施設「Kukuru+」。地域社会と関わり合いながら子と親がそれぞれの時間を過ごし、それぞれの未来を描く、そんな拠点が沖縄に誕生します。

「時間」を寄付する

いただいた寄付金は¥1を1秒に換算し、この施設の利用を希望する子どもやご家族のみなさんのための「時間」としてストックされます。思い思いに生きるささやかな日々のためのご寄付をお待ちしております。

2019年7月完成予定!

Kukuru+は2019年4月に沖縄県那覇市真地でのオープンに向けて建築工事が始まりました。
地上2階建て、解放感のある屋上を備えた、さまざまな機能をもった拠点がここから具現化します!

2RhePlBA

わたしたちの活動

一般社団法人Kukuruは、誰もが当たり前のことが当たり前にできる社会の構築を目指し、訪問介護・保育サービス、バリアフリー旅行支援等を通じ、障がいを持つ人とその家族の支援を行っています。

Kukuru+では、そんな家族と地域社会とがつながることのできる、みんなが集う場所を目指しています。また、さまざまな地域活動や団体との連携のなかで、医療的ケアの必要な子どもとその家族が、笑顔で暮らすことを支援できるネットワークの形成も目指しています。

一般社団法人Kukuruのサイトを見る

難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点Kukuru+をご支援ください。

この施設は、日本財団の「難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点」として認定され、建築費の一部に助成を受けたことで実現に向けてのスタートをきることができました。

しかしながら、建設費はもちろん、医療機器やリハビリ用品の購入費など、オープンのために必要な資金がまだまだ必要な状況です。

重い障がいと向き合う子どもとその家族を支える地域拠点を、いっしょに作っていただける方からのご支援をお願いいたします。

さまざまな寄付のカタチでご支援ください
寄付金以外にも施設内で使用するカーテン、寝具・リネン類、カフェ用テーブル・椅子・什器・ソファーなど、物品による寄贈も大歓迎です。
寄付金は施設設備の充実と利用者サービスに生かされます
現在、建築工事が始まったばかりのKukuru+。みなさんの温かいご支援が、施設設備の充実や利用者サービスツールなど、さまざまな面で大きな力に変わります。
Kukuru+で働きたい方、サポーターを募集しています
私たちの活動に賛同され、Kukuru+で働いてみたい方、活動をサポートしていただける個人・企業・団体様を募集しております。

支援団体・支援企業

ご支援いただいた方

集まった時間

活動への共感

お知らせ / 活動報告

Kukuru+に関するお知らせや活動に関する記事を配信予定です。

特別協力・協賛

Kukuru+の建設プロジェクトに関しての多大な協賛・協力いただきました企業/団体様を掲載させていただきます。